注意すること

宝くじの購入代行では、詐欺業者に注意してください。宝くじは当せん金証票法によって、転売が禁止されています。そのため、必然的に宝くじの購入代行は全額前金払いになります。このことから、代行事業者との間でトラブルがあったとしても、利用者が身を守る手段がないことになります。実際に宝くじの購入代行での詐欺事件が報告されています。なので、特に実績が一年未満の事業者やホームページサイトには注意が必要になります。 もう一つ、宝くじの購入代行で注意すべきことがあります。それは、クレジットカードでの取扱いはできないことです。クレジットカードによる取引は、購入代金の後払いとなり法律に抵触するため、違法行為になります。

ここで、宝くじの豆知識について紹介します。もし、宝くじで高額当選した場合、いくら税金で持っていかれるのか気になると思います。しかし、個人で当選した場合には、当選金額に関係なく税金が一切かからないようになっています。免税という形ではなく、最初から当選金には課税されないのです。なぜなら、当せん金付証票法で当選した金品には、所得税がかからないように定められているからです。 次に宝くじの目的について説明します。日本では、江戸時代から存在しており、神社や寺の修繕のための費用を集めるために発行されていました。日中戦争の際は、軍事費用を集めるために発行されていたこともあります。現在の宝くじは、当せん金付証票法に基づき、地方財政の資金調達を目的に運営されています。